5W1Hの大切さ

小学校や中学の時に作文を書いていくときに学んだことを思い出してみましょう。
文章を書くときに大事な要素として学んだことは何だったでしょう。それは、作文の書き方の基本として必要な要素ともいえるもので、「5W1H」という言い方で学んだのではないでしょうか。
実は、これはビジネスの現場で仕事を進めていく上での基本でもあるのです。それではここで、改めて「5W1H」を確認しようと思います。また、それをビジネスの場としてはどういうことになるのかということで置き換えてみましょう。
when(いつ)…スケジュール(納期)の確認
where(どこで)…ポジション(場所)の確認
who(誰が)…担当者の確認
with(誰と)…パートナー、相手の確認
what(何を)…目的の確認
how(どうする、どのようにする)…方法論(具体的な進行手段)
大方、以上のようになります。
言うまでもなく、このことは仕事の現場における基本です。業種によって、多少表現などは異なるでしょうが、いずれの世界でも、この「5W1H」を常に確認してすすめていくことが、円滑に仕事を進めていくための基本なのです。
もちろん、そのことが仕事そのものを的確に素早く進めていくことになるのです。