リボ払いは極力利用しない

カードローンの支払い方法で「リボ払い」というものがあります。
カードローンを利用されている方の中では、このリボ払いを活用された方もいらっしゃると思います。

ですがこのリボ払いというのは非常にやっかいな支払い方法で。

利用額に関係なく毎月定額を返済するシステムですので、しっかりと管理をしないと、カードでいくら使ったか分からず、どんどん利用してしまうという非常に大きなリスクがあります。

通常、カードローンで借りた金額を翌月に返済すれば金利も最小限に抑えることが出来ますが、これを複数回で返済するとなると、その分金利が上乗せされることになります。それでも返済額は一定な訳ですから、利用者にとっての経済的負担はほとんど感じません。

それに慣れてしまうと、カードローンをどんどん利用してしまうパターンに陥ってしまう可能性があります。どんどん利用しても支払額は一定のままですが、その分金利もどんどん増えていますので、返済しても元金分の割合が減っており、なかなか完済が出来ないということにもなり兼ねません。

支払いが困難な時には本当に便利なシステムではありますが、逆に支払いが出来る時は一気に返済してしまわないと、どんどんリボ払いの金利地獄に陥ってしまいます。

リボ払いは必要最低限の利用に留め、出来るだけ利用しないよう心掛けることが重要だと言えるでしょう。

仮に現在リボ払いで返済をしているのだとしたら、一度明細などを見てみて下さい。どれだけ利息分を支払っているかを一度把握し、どれだけ無駄なお金を支払っているかをしっかりと把握するようにしましょう。

そして、もし返済出来るのであれば一気に返済してしまった方が、長いスパンで考えれば経済的に非常にお得ということになります。

リボ払いにはくれぐれもご注意下さい。