学生や専業主婦でも使えるカードローン

カードローンと聞いただけで自分には使えないと諦めている学生や主婦の方はいらっしゃいませんか?実は学生や専業主婦でもカードローンは使えるんです。

とはいっても学生や専業主婦なら誰でも使えるという訳ではありません。

一応簡単な条件があります。

まず学生の場合ですが、

・定期的な収入が見込めること
・20歳以上であること

以上2点の条件が必要となります。

つまり、学生であれば20歳になっていてアルバイトをしていればカードローンを利用出来るということになりますね。

次に専業主婦の場合ですが、

専業主婦の場合は働いていないので定期的な収入は見込めませんよね。
それでもカードローンは利用出来るのか…出来るんです。

その方法は、

・銀行が運営するカードローンを利用する

ということです。

借入の際に夫の収入証明書が必要になる場合もありますが、必要になるかどうかはまずインターネットなどで申し込みをしてから確認しても良いと思います。昔のようにわざわざ借りることで出向くことが必要の無い時代ですから、最初に審査を受けてみてみるのも良いと思います。

実はカードローンには銀行系のものと消費者金融系のものがあります。

銀行系のものは消費者金融系のものよりも審査は厳しくはなりますが、
その分専業主婦でも借りることが出来るんです。

2010年の総量規制によってカードローンを利用しにくくなったと言われて、専業主婦は消費者金融系のカードローンから借りることが出来なくなってしまいました。しかし、銀行系のカードローンは総量規制の対象外なので専業主婦でも借りることが出来るということを覚えておいて下さい。

単に学生や専業主婦だからといってカードローンが使えないと諦めていた方は是非、もう一度考え方を改めて頂ければと思います。

カードローンの取り立てについて

カードローンの返済を滞納すると金融会社から取り立てによる返済の督促を受けることになります。

しかし闇金ではない限り脅迫的な取り立てが行われることはないので、生活が脅かされるのではないかという不安を抱く心配はありません。

過去には行き過ぎた取り立てが問題となった時代もありましたが、現在は債務者の苦痛にならないよう法規制により以下のように取り立てを行うことと規定されています。

滞納期間に応じて督促方法は変わってきます。
まず、郵送による催促通知を発送します。

これを無視すると、携帯電話や自宅へ電話による督促、そして、これも無視すると勤務先へ電話による督促が行われます。

再三の連絡に応じない場合、自宅へ訪問してくることもあります。
そして最終段階として訴訟を起こし強制取り立てが行われるようになるでしょう。

さすがに勤務先へ連絡を入れられるのは周りの目もありますし避けたいところですので、その前に返済を行う、もしくは連絡を無視することなく受けて返済する意志をみせることが重要です。

返済をする意志をみせれば督促も収まるでしょう。
ここで最も重要なのは、金融会社と連絡をきちんと取ることです。

無視をすると取り立てが悪化するので、その都度、連絡を取っておけばそこまで悪化することはありません。

また、どうにも返済ができない場合は担当者と相談をして返済計画を練り直したり、別の手段で借金を整理することを考える必要も出てきます。

カードローンやキャッシングはしっかりと返済をすれば非常に便利なものです。
またお金借りる即日に掲載されている金融業者なら変な取り立てに頭を悩まされることもありません。今すぐお金を借りたいという方は上手にキャッシングやカードローンを利用してくださいね。

気軽に利用できるカードローン

出張費の立て替えが必要になった、生活費のため、またたまにはせいたくがしたい、子どもの授業料のためなど、様々な目的により、カードローンを利用することを考える人がいるでしょう。

住宅ローンなどと違って目的が制限されない、その意味でも心強い生活の味方と言えるカードローンはその申し込み、審査、融資、どれもとっても簡単です。

申し込みは店頭でも可能ですし、インターネットを通して気軽にすることもできます。

そして、審査は健康保険証や運転免許証、住民基本台帳カードやパスポートなど身分証明証を見せるだけで済みますし、融資は身近な24時間いつでも開いているコンビニに置いてあるATMに専用のカードを入れるだけで受けることができます。

300万円を超える融資を希望する場合は、年収が確認できるものが必要になります。

なお専用のカードは後から郵送されてきても、融資そのものは即日、つまりお金はその日のうちに振り込まれる所も多いです。

このように最初から最後まで難しいことは何もありません。

その利用の仕方についてなんですが、いくら借りたか、その利息はいくらかを常に把握して、それからその返済は計画的に行い、なるべく早く返済すること心がけることが大切です。

利息に関しては無利息の期間が設けられている、つまりたとえば1週間の間なら利息が付かないという所も多いですから、たとえば給料日の1週間前でしたら、より気軽に利用することができますね。